月例指針 11月になりました


11月はグレゴリオ暦で年の第11の月に当たり、30日間ある。秋と冬の境目とした季節であることもある。 日本では、旧暦11月を霜月と呼び、現在では新暦11月の別名としても用いる。「霜月」は文字通り霜が降る月の意味である。他に、「食物月」の略であるとする説や、「凋む月」「末つ月」が訛ったものとする説もある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/11%E6%9C%88

 

 

 

☆ 2019年11月の税務

期 限 項 目
11月11日 32 10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付
11月15日 32 所得税の予定納税額の減額申請
12月2日 32 所得税の予定納税額の納付(第2期分)
  32 特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付
  32 9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>
  32 3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告
<消費税・地方消費税>
  32 法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税>
  32 3月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)
  32 消費税の年税額が400万円超の3月、6月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの中間申告
<消費税・地方消費税>
  32 消費税の年税額が4,800万円超の8月、9月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告
(7月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>
  32 個人事業税の納付(第2期分

http://tool.yurikago.net/1830/kaikei-hiroba/

 

☆ 税を考える週間

国税庁では、国民の皆様に租税の意義や役割、税務行政に対する知識と理解を深めていただくため、1年を通じて租税に関する啓発活動を行っていますが、毎年11月11日から17日を「税を考える週間」として、集中的に様々な広報広聴施策を実施しています。

 

1 国税庁ホームページによる広報

○ 国税庁の取組紹介

 「税を考える週間」の実施に合わせて、国税庁ホームページ内に「くらしを支える税」をテーマとした特設ページを設け、国税庁の各種取組についてご紹介します。

 ・ 国税庁の取組等を分かりやすく最新のデータで紹介します。

 ・ 調査や徴収などの業務をドラマ仕立てで紹介します。

 ・ 国税庁レポートなど、国税庁の1年間の活動やその年のトピックについて、統計資料等を交えながら説明しています。

 

2 SNSを利用した広報

○ ツイッターによる情報発信

 「税を考える週間」の実施に合わせて、YouTubeの国税庁動画チャンネルや国税庁ホームページのインターネット番組「Web-TAX-TV」や新着情報などの各種情報を発信します。

 

3 講演会の実施や関係民間団体等との連携

社会人、大学生や専修学校生、企業家等を対象とした講演会や説明会を実施します。

また、関係民間団体・地方公共団体等と連携して、各種イベントを全国各地で実施します。

 

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/campaign/h30/Nov/01.htm

 

☆ 納税表彰式が挙行されます!

谷税務署、大里地区租税教育推進協議会、熊谷税務署管内納税貯蓄組合連合会が主催する、

令和元年度「納税表彰式」が挙行されます。

日時 11月13日(水)

式場  熊谷文化創造館さくらめいと

「月のホール」

 

☆ 11月4日は「中小企業診断士の日」

『中小企業診断士の日』を記念して、今年も各地・中小企業診断協会で「経営診断シンポジウム」等開催が予定されています。

中小企業診断士とは・・・・

国が認める唯一の経営コンサルタント資格で、「日本版MBA」ともいわれています。

中小企業診断士の登録等及び試験に関する規則(平成12年通商産業省令第192号)に基づき、経済産業省(経済産業大臣)に登録された者を指します。

この省令の根拠となる中小企業支援法(昭和38年法律第147号)では「中小企業の経営診断の業務に従事する者」とされています。

英名はRegistered Management Consultant

☆ 「中学生の税についての作文」

令和元年 熊谷税務署管内納税貯蓄組合連合会 作文提出状況

令和元年度中学生の「税についての作文」募集事業、今回で53回を数えました。

熊谷税務署管内納税貯蓄組合連合会の結果です。

 

応募校数  管内30校中30校

応募校率  100%

応募件数  8,452 作品

応募率   管内中学生徒数9,291人中8,452人=91%

応募数前年対比 96.8%

 

作品の特徴としましては、今年は、

度重なる自然災害等を取り上げ、「災害も、税金も、支え合う、助け合うことが重要である」と言う内容の作品が多かったように思います。

その他、消費税率の10%への引き上げや、

ふるさと納税など時代の流れを中学生も敏感に捉えております。

また、従来同様に学校や家庭などの身近な体験を素材にして、税に対して感謝の気持ちを述べた作文が数多く寄せられました。

2019年10月31日IKG(~飯島経営グループ)
カテゴリー:IKGニュース


このページの先頭へ