月例指針 3月になりました


3月は

3月(さんがつ)は、グレゴリオ暦で年の第3の月に当たり、31日間ある。3月はその年の11月と同じ曜日で始まり、平年には2月と同じとなる。日本では、旧暦3月を弥生(やよい)と呼び、現在でも新暦3月の別名としても用いる。弥生の由来は、草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって「やよひ」となったという説が有力で、これに対する異論は特にない。他に、花月(かげつ)、嘉月(かげつ)、花見月 (はなみづき)、夢見月(ゆめみつき)、桜月(さくらづき)、暮春(ぼしゅん)等の別名もある。

Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/3%E6%9C%88

 

 

☆ 平成30年3月の税務

期 限 項 目
3月12日 32 2月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付
3月15日 32 前年分所得税の確定申告
  32 所得税確定損失申告書の提出
  32 前年分所得税の総収入金額報告書の提出
  32 確定申告税額の延納の届出書の提出
  32 個人の青色申告の承認申請
  32 前年分贈与税の申告
  32 国外財産調書の提出
  32 個人の道府県民税・市町村民税・事業税(事業所税)の申告
4月2日 32 個人事業者の前年分の消費税・地方消費税の確定申告
  32 1月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>
  32 1月、4月、7月、10月決算法人及び個人事業者(前年12月分)の3月ごとの期間短縮に
係る確定申告<消費税・地方消費税>
  32 法人・個人事業者(前年12月分及び当年1月分)の1月ごとの期間短縮に係る確定申告
<消費税・地方消費税>
  32 7月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)
  32 消費税の年税額が400万円超の4月、7月、10月決算法人の3月ごとの中間申告
<消費税・地方消費税>
  32 消費税の年税額が4,800万円超の12月、1月決算法人を除く法人の1月ごとの中間申告
(11月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>

http://www.essam.co.jp/eigyosyo/sendai/tax-calendar.html

 

☆ 2018年(平成30年)3月から変わること

2018年3月、新規受付停止しPHSの歴史に幕
https://www.j-cast.com/2017/04/21296241.html
ソフトバンクとウィルコム沖縄は2017年4月20日、PHSサービスの新規受け付けと契約変更を18年3月末に停止すると発表した。既存の契約者へのサービスは当面継続する。

 

アサヒビールは業務用を中心としてビール系飲料を2008年以来10年ぶり値上げ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21888740U7A001C1TJ2000/

 

2018年3月1日〜、日本郵便、ゆうパック平均12%値上げ
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ05HSC_V00C17A9000000/

 

2018年3月1日〜、森永乳業、アイス10%値上げへ 「ピノ」などの一部
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2415068001122017XQH000/

 

2018年3月1日〜、ハウステンボス、入場料金を100円の値上げ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1711/17/news096.html

 

2018年3月29日、日比谷に『東京ミッドタウン日比谷』がオープン予定
https://news.allabout.co.jp/articles/o/22141/

 

☆ 3月決算が多いって本当か?

国税庁は毎年、法人税や所得税等各種税目別の申告者数や申告金額などを統計資料として発表しています。

参考Webサイト 国税庁統計情報 https://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/tokei.htm

その中に「決算期別の申告法人数」(年ごとに統計年報/直接税/法人税の中にあります)のデータがあります。
「3月決算が多いって本当?」という疑問を統計資料から確認してみましょう(年1回決算法人を対象)。

全申告法人数2,608,442社のうち508,507社、割合にして19.49%が3月決算という結果が出ました。次に多いのは、9月決算、その次に多いのは12月決算です。

日本では3月決算が多い印象がありますが、数字で見ると20%だということがわかります。

 

出典: https://www.noc-net.co.jp/blog/2016/06/column_143/

 

 

 

pdfdl02

 

2018年2月28日IKG(~飯島経営グループ)
カテゴリー:IKGニュース


このページの先頭へ